基本理念

基本理念

 須恵町社会福祉協議会は、町民のみなさまへ「自助・共助・公助」に対する理解と協力を求め、すべての人々の「すみなれた地域で幸せに安心して暮らしたい」という共通の願いを地域づくりへとつなぐ、「継続的な支援の具現化」をめざします。
 そのためには、常に町民の「こえ」に耳を傾け、民生委員児童委員協議会・各福祉団体や学校などと密に連携をとり、自主性の尊重と小地域の創意工夫や特性を活かしながら「ノーマライゼーションの理念に基づいた共生社会の構築」を目標に福祉活動を展開します。


福祉活動の基本方針

CEO

須恵町福祉センター内「社会福祉法人 須恵町社会福祉協議会」

 現在、新型コロナウイルスの感染拡大に全世界が見舞われるという、いまだかつて経験したことのない社会変化に見舞われています。
人々の価値観、生活様式も大きく変化し、また、突発的に各地で発生する自然災害への対応など、社会すべてが手探りな状況で進んでいます。
現在日本では2メートル以上の「対人距離」を呼びかける言葉として「ソーシャル・ディスタンス」が頻繁に使われていますが、
これは直訳すれば「社会的距離」であり、「人とのつながりの減少により社会的孤立が生じる」という地域社会を構築する上ではあってはならないことともいえます。
須恵町社会福祉協議会は、「身体的・物理的距離」を取りつつも地域社会のつながりを保つため、今現在何があるのか、何ができるのか、を地域のみなさま・行政・支援機関などと共に考え、手を携えながら、重点項目を中心に令和3年度の福祉事業を推進します。

重点項目 

(1)生活支援・介護予防基盤整備事業の推進
  ・見守り声かけ活動の支援
  ・福祉活動者の人財(材)育成
  ・地域で集う場所など(社会資源)の情報調査・提供、事業推進

(2)赤い羽根共同募金運動の推進

(3)地域包括支援センター事業の運営
  ・相談窓口、業務内容の周知

定款

〇令和元年度定款(改正)

予算書・決算書

〇令和3年度予算書PDF
〇令和2年度決算書PDF
〇令和2年度予算書PDF
〇令和元年度決算書PDF